中学・高校留学の基礎知識

英語を確実に身に付けるための効果的な勉強法

はじめに

世界に胸を張れる先進国でありながら、日本人の英語力は非常に低いと言われています。これは日本語と英語の文法が大きく異なることが一つの理由ではありますが、そもそも日本で行われている英語教育に問題があります。
ここでは、使える英語をマスターするための考え方や英語が上達する勉強方法についてご紹介します。

使える英語はどうすれば身につく?

日本の英語教育では受験英語しかマスターできないと言われることが多いです。つまり、受験や試験で合格するための英語であり、実際にネイティブと会話やコミュニケーションをとることができない英語を学んでいることになります。日本の英語教育では読み書きに比重を置く傾向にありますが、これでは生きた英語、使える英語を身につけることはできません。では、コミュニケーションを取るための生きた英語はどうすればマスターできるのでしょうか?

海外に留学すれば英語をマスターできる、と考えている方が多いのは事実でしょう。実際、アメリカやイギリスなど英語圏の国々に留学して英語をマスターしたという方は大勢います。生きた英語を学ぶという意味では留学は大変有効な手段と言えるでしょう。
しかし、その一方で海外留学したにも関わらず英語力がまったくアップしない、1年以上海外で暮らしているのにネイティブと会話ができないという方がたくさんいるのも事実です。

海外留学すれば必ず英語力がアップする、というわけではありません。せっかく留学しても、つい日本人が経営しているお店にばかり通ったり、海外で暮らしている日本人のコミュニティに参加したりと、ネイティブと積極的にコミュニケーションを取ろうとしないために英語力が向上しないのです。

海外留学してもまったく英語をマスターできず戻ってくる方もいれば、日本で生活しながら高度な英語力を身につけるような方もいます。英語を身に付けて帰国する方は、「英語はコミュニケーションツールである」ということを理解していて、そのために何が必要なのかも直感的に理解しているのでしょう。
生きた英語をマスターするには英語が飛び交う環境に身を置くのも効果的ですが、それだけでは到底英語はマスターできません。

それでは、生きた英語をマスターするには、今までの英語学習の常識を捨てることが一つのコツです。
正直なところ、学校で習ってきた英語の勉強法はほとんど役に立ちません。従来の英語教育はいたずらに英語の知識を増やしているだけで、使える英語力を伸ばすためのものではないのです。使える英語を身につけるにはポイントをしっかりと押さえた学習方法に切り替える必要があります。

英語を学ぶ上で知っておきたいことと学ぶ目的

英語を学ぶ目的は、英語を母国語とする人とコミュニケーションを取るためです。英語に限らず言語というのはコミュニケーションをとるためのツールであり、それ以上でもそれ以下でもありません。ここをまずはしっかりと理解することが大切です。
英語を学ぶ目的は、決して知識を増やすことではないはずです。そう考えれば自然とどのような学習をすればいいのか分かってくるのではないでしょうか。

英語を学ぶうえで知っておくべきことの一つに言語習得の流れが挙げられます。英語に限った話でなく言語をマスターするには自然な順番があり、聴く、話す、読む、書くという流れになります。
幼い頃のことを思い出してみても、いきなり読み書きから始めるようなことはありませんお父さんやお母さんの言葉を日常的に耳からインプットし、次第にそれを自らアウトプットするようになります。

英語も同様に、まずは耳から情報をインプットし、それを口からアウトプットすることで言語を習得していくのが自然な流れとなります。読み書きを始めるのはそれ以降のこととなりますが、日本の英語教育ではいきなり読み書きから始めるケースがほとんどです。テキストをひたすら読んだり、英文をひたすらノートに書くような学習ばかりさせられるため日本人は英語が話せず読み書きしかできなくなるのです。

英語をマスターするためには言語習得の自然な流れとなる先ほどのプロセスをしっかりと理解しておく必要があります。人間は自分の耳で聞き取れない音を口から発音することはできません。まずは耳でたくさん英語を聞き、それを自分の口からアウトプットすることが大切なのです。インプットするだけでは意味がなく、インプットとアウトプットを繰り返していくことによって英語力がアップしていきます。

ほとんどの人が英語の勉強方法を間違えている?

前述したように、ほとんどの方は英語の勉強方法を間違えています。これは日本特有の間違った英語教育がもたらした悲劇なのかもしれませんが、多くの方は英語を勉強しようと考えたとき、まずテキストを読んだり単語帳などを使ってひたすら単語を覚えようとします。確かにこれも英語学習には違いありませんが、このような勉強方法を続けたところでネイティブに通用するようなスピーキング力は身に付きません。

英語をマスターするのはネイティブとコミュニケーションをとるためです。グローバル化が進む昨今では、これから社会で活躍しようとしている方にも高度な英語力は必須と言えます。しかし、旧来の学習方法を続けていても、国際社会で活躍できるような英語力を身につけることはできないでしょう。
多くの方が英語学習で挫折してしまうのは、やがて自分には英語の才能がないと思い込みやめてしまうのです。しかし、実際には英語の才能がないわけではなく間違った学習方法を続けていることが最大の問題なわけです。

英語が上達する勉強方法とは?

ネイティブと会話ができるくらいの英語力を身につけるための勉強方法や考え方などについてご紹介します。

文法

文法は、中学英語で学ぶ程度の文法さえ知っていれば大丈夫です。複雑な文型をいくつも覚えている方もいるでしょうが、実際にネイティブが会話の中で使っているのは中学レベルの文法です。海外から日本の学校に留学してきた生徒が日本の学校で教えている文法が難しすぎて驚いた、というのはよくある話です。ネイティブは複雑な文型などは用いておらず、中学レベルの文法を駆使すれば十分コミュニケーションはとれるのです。

単語

単語は「日常英会話をマスターしたいのか」、「ビジネス英語をマスターしたいのか」で考え方が変わってきます。
日常英会話レベルであれば中学高校で学ぶ単語でも十分間に合いますが、ビジネス英語であればビジネスシーンで使用される単語を積極的に覚えなくてはなりません。おすすめなのは身の回りにあるものをすべて単語で言えるようになることです。

例えば、日常の会話において電子レンジや冷蔵庫、携帯電話、タバコ、冷蔵庫といった身の回りにあるものの名前は頻繁に出てきます。しかし、意外とこれらの英単語を学校で習うことはありません。まずはこうした自分の身の周りにあるものを英語で言えるようにしておくと会話で役立ちます。

単語を覚えるときに多くの方はノートへの書き取りを行うと思いますが、これはあまりおすすめできません。会話をするには、スペルだけを覚えるのではなく、聞き取りができることが大切です。
英単語を覚えるときに使用するテキストも、できればCDがついているものを選び、耳と目両方で覚えるようにしましょう。

また、よく使うフレーズの単語を入れ替えたりして応用ができるものについては、積極的に覚えたほうが良いでしょう。フレーズの使いまわしがきくものであればさまざまなシーンに対応できるはずです。
海外ドラマや映画を積極的に鑑賞するのもおすすめです。できれば俳優や女優のセリフに合わせて自分で喋ってみましょう。

瞬間英作文

英語での会話は瞬発力も必要となります。つまり、頭の中でサッと英語を組み立てる力です。
これを養うには、瞬間英作文トレーニングがおすすめです。日本語を見て瞬時に英作文を行うというトレーニングで、これを繰り返し行うことで英語を組み立てる力が身につきます。ネイティブとの会話はポンポンとテンポよく進まないとイライラされてしまい、フリーズしてしまうのは一番良くありません。そうならないためには、瞬時に頭で英語を組み立てられる力をつけておく必要があります。

瞬間英作文は効果的なトレーニングで、書籍もいくつか販売されているので、それらを利用するのも良いでしょう。また、専用アプリもあるため、スマホがあればいつでもどこでもトレーニングができます。
瞬時に英語を組み立てることができる能力が身につくとネイティブとの会話もスムーズにできるようになり、英語も楽しくなってくるのではないでしょうか。効果的なトレーニングなので、ぜひ実践してみましょう。

オンライン英会話

オンライン英会話を利用するのもおすすめです。オンライン英会話は、パソコンやスマホ、ヘッドセットさえあればできます。さらに、何と言っても費用が安いです。たくさん会話することで英語に慣れることもできるので、費用対効果の高い学習方法と言えるでしょう。

ネイティブと交流する

たくさん英語で会話する機会を自分で作ることも大切です。海外に行くのが手っ取り早いですが、日本でもネイティブと会話できるところはたくさんあります。
例えば、イングリッシュバーのようなお店に行ってみたり、知り合いに海外の方がいれば積極的に会話をしてみるのも良いでしょう。わざわざ海外に行かずとも、自分から行動をおこせば日本でもネイティブと会話できるチャンスはたくさんあるのです。

まとめ

最近では日本の英語教育もだんだん変わってきているようですが、それでもまだまだです。
生きた英語をマスターするには正しい方法で学ぶことが大切です。これまで当たり前のように行ってきた英語の学習方法ではいつまで経っても英語を話すことはできず、やがてイヤになってやめてしまう可能性もあるでしょう。
英語をコミュニケーションツールとしてネイティブと会話するために、ご自身に合った方法で英語力を身に付けましょう。

ページの先頭へ